MENU

みなとにある門の形をした機械はなに?

みなと 2018年1月19日

みなさん、こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。

先週、コンテナターミナルにあるキリンのような形をした機械「ガントリークレーン」を紹介しました(記事はこちらをご覧ください)。今日は、コンテナターミナルのもうひとつの主役、門の形をした機械「トランスファークレーン」をご紹介します!
 

アイランドシティのトランスファークレーン アイランドシティのトランスファークレーン

このトランスファークレーンは、コンテナ置き場からトレーラーにコンテナを載せたり、トレーラーから下ろしたりする機械です。また、次にやって来る船に合わせて、コンテナの積み下ろしが早く済むように、コンテナ置き場内での積み替えもしています。運転席は、コンテナを持ち上げる赤い装置(スプレッダー)のつけ根のところにあります。

コンテナをトレーラーに載せているところです コンテナをトレーラーに載せているところです

何台ものトランスファークレーンが動いています 何台ものトランスファークレーンが動いています

アイランドシティにあるトランスファークレーンは、実はただ者じゃないんです!『国内初』の全面電動化されたエコ・トランスファークレーンなんです!!一般的なものはディーゼルエンジン(軽油)で動きますが、アイランドシティのものはモーター(電気)で動いていて、CO2排出量はディーゼルエンジンに比べて4分の1しかありません。こうしたエコな取り組みが評価されて、博多港のコンテナターミナルは、日本の港で初めて国際港湾協会の『港湾環境賞 金賞』を受賞しているんですよ!

「世界最高水準のエコみなと」について”Wonderful One(ワンダフルワン)”でわかりやすく説明していますので、こちらもぜひご覧ください☆

(アイランドシティ魅力PR係 記者A)

一覧へ戻る

ページトップ