MENU

ミニふくおか2019の様子をご紹介します!<前編>

その他 2019年8月27日

8月20日~22日、福岡市総合体育館でミニふくおか2019が開催されました。

ミニふくおかとは、
子どもたちがつくる仮想のまちで、子どもたち自身がまちの住民となり
働いたり、学んだり、遊んだり、自由で主体的な活動を通して様々な体験ができるイベントです。
 

小学生や中学生の子ども実行委員により、
まちの仕組みやルール、配置、参加する子どもの役割などを決めています。

保護者は子どもと一緒に会場に入らず、メインアリーナの観客席から、子供たちの様子を見守ります。

子どもたちは仕事や勉強をして得たお金(ミニ)を使って遊んだり、飲食することができます。

  • 雑貨のお店 雑貨のお店
  • タクシーが運行中 タクシーが運行中
  • 神社も 神社も
  • 飲食のお店もたくさんありました。 飲食のお店もたくさんありました。
  • ドローン操縦の体験 ドローン操縦の体験
  • イベント期間中に起業したお店も! イベント期間中に起業したお店も!

他にも肩たたき店や図書室、お化け屋敷やゲーム店など様々なお店・施設があり、
遊んでいる子だけでなく働いている子も、みんないきいきとした様子が印象的でした!

ミニふくおかではお店だけでなく、まち全体が子どもたちにより運営されています。
それについては次回、お伝えします!

アイランドシティ魅力PR係 記者B

一覧へ戻る

ページトップ