MENU

照葉公民館でこども病院の先生による講演がありました

地域活動 2020年11月19日

11月17日(火)に照葉公民館でCafe Terihaが開催されました。

今回のCafe Terihaは照葉公民館と、こども病院が共催し、
「生涯学習講座」(CGGプログラム)としての実施でした。

テーマは「こどもの新型コロナウイルス感染症」をテーマに
福岡市立こども病院 小児感染免疫科の村田 憲治先生がお話をしてくださいました。

感染症対策を行いながら、会場には約20名のお母さん方が来られていました。

わかりやすい説明と資料 わかりやすい説明と資料

キッズスペースが後ろに準備されており、お母さんも安心して聴講 キッズスペースが後ろに準備されており、お母さんも安心して聴講

みなさん熱心に話を聞かれており、このテーマに対する関心の高さがうかがえます。
 

こんな質問も

「湿ったマスクは取り替えたほうがいいの?」
(取り替えることができるなら取り替えたほうがよいが、
湿っているからマスクの効果がないというわけはないので、リスクを100%防ごうと考えるのではなく、
できる対策をすることが大切)

「加湿器って意味があるの?」
(湿度が上がることで飛沫が飛びにくくなる、粘膜の乾燥を防ぐことで入ってきたウイルスを外に出せる、
ため加湿器は有効。ただし加湿しすぎはカビなどの問題となることがあるため40%~70%を目安に)


日常の素朴な疑問についても
こども病院の先生に直接聞くことができる貴重な講座でした。

こども病院があるアイランドシティでは
公民館でこのような講演を聞くことができるんですね。
次回も楽しみです。

アイランドシティ魅力PR係 記者B

一覧へ戻る

ページトップ