MENU

照葉 Wake Up Marche 20th!vol.2

地域活動 2018年4月19日

みなさん、こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。

前回に続いて、4月15日(日曜日)に開催された「第20回 照葉 Wake Up Marche」のご紹介です。今回は、参加されていた方々にフォーカスします!

☆前回の記事はこちらをご覧ください!

まずは、小学生のお仕事体験に参加していた子どもたち。カフェ店員さんとして、ホットサンドやコーヒーを一生懸命作ってくれました。ホットサンドの野菜はなんとコミュニティガーデンで有機栽培されたもの!玉ねぎの甘味があって、とってもおいしかったですよ~☆


つづいて、アイランドシティにお住まいのご夫婦。これからコミュニティガーデンの畑1区画を借りて、野菜づくりにチャレンジされるそうです!肥料はダンボールコンポストで家庭から出る生ごみを肥料化します。「畑が借りられると知り、ぜひやってみたいと思いました。初めてなのでわからないことも多いですが、楽しみです!」とのこと。愛情込めて自ら育てた野菜、きっと格別の味になることでしょう!

(アイランドシティPR係 記者A)

照葉 Wake Up Marche 20th!vol.1

地域活動 2018年4月17日

みなさん、こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。

今日は、4月15日(日曜日)にアイランドシティのコミュニティガーデンで開催された「第20回 照葉 Wake Up Marche(ウェイクアップマルシェ)」の様子をご紹介します!
Wake Up Marcheは、NPO法人循環生活研究所さんや地域住民のみなさんなどで開催されている交流イベントです。今回は、ローカルフードサイクリングのコーナー、有機野菜などの販売、カフェ、小学生のお仕事体験などが行われていましたよ~♪

☆ローカルフードサイクリングについてはこちらをご覧ください!

ミツバチ講座 ミツバチ講座

ダンボールコンポスト講座 ダンボールコンポスト講座

ハーブ講座 ハーブ講座

Local Food Cycling CAFE Local Food Cycling CAFE

ローカルフードサイクリングのコーナーでは、ダンボールコンポスト講座やハーブ講座などが開かれていました。
小さなイベントですが、子どもから大人までほっこり楽しめますよ!
毎月第3日曜日に開催されていますので、ぜひお散歩ついでに行ってみられてはいかがでしょうか?

次回はこのイベントに参加されていたみなさんにフォーカスします!お楽しみに~♪

(アイランドシティ魅力PR係 記者A)

一人一花運動 in アイランドシティ!

地域活動 2018年3月30日

みなさん、こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。

さて、今、福岡市では『一人一花(ひとりひとはな)運動』を推進しています!
”一人ひとりが、一花ずつ育てて、福岡市のあらゆる場所を花でいっぱいにしよう!!”という運動です(詳細については下記リンクをご覧ください)。

福岡市に住まれているみなさんや、旅行などでいらっしゃるみなさんが、お花で心が豊かになるように全市をあげて取り組みはじめたところです。

もちろんアイランドシティもその例外ではありません!地域の方々が自主的にこの運動に参加されています。今日は、アイランドシティ中央公園前交差点のまちかど広場にある花壇の様子をご紹介します。

子どもたちも手伝ってくれて、ステキな花壇になっていますね!
アイランドシティで「ここにもあるよ!」「私もやってるよ!」というのがあれば、ぜひ教えてください!

(アイランドシティ魅力PR係 記者A)

続・みんなのちからで生きものいっぱいの海へ!

地域活動 2018年2月22日

みなさん,こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。

今回は,2月17日(土曜日)にアイランドシティで開催された『御島の海でアマモ場づくり』をご紹介します!
昨年の11月3日に第一弾としてアマモ育成ポットを作り(その際の記事はこちらをご覧ください)、約3か月半の間、参加者のみなさんのご自宅で育てていただきました。

このとおり見事に育ちました!アマモのあかちゃんです。
まだまだ小さいですが、約80センチメートルまで大きくなるそうですよ。

ただ、やはり生きものなので、このように順調に育ったものもあれば、なかなか芽が出てこなかったものもあったようです。ちなみに私が育てたアマモは少しのんびり屋さんでした。

このポットで育てたアマモに加え、能古島あたりで採られたアマモも海の底に植えていきます。波に負けずに根を張れるように、支えとなる竹割りばしや粘土を付けた苗を作りましたよ。

竹割りばしや粘土を付けたアマモ苗を作っているところ 竹割りばしや粘土を付けたアマモ苗を作っているところ

みなさんで協力して、たくさん作っていただきました! みなさんで協力して、たくさん作っていただきました!

いざ準備万端!記念撮影をして、自分たちが育てた苗をダイバーさんに託します。

育てたアマモを手に記念撮影 育てたアマモを手に記念撮影

よろしくお願いします! よろしくお願いします!

この後、みなさんでアイランドシティの外周緑地まで移動し、実際にダイバーさんが海の底にアマモを植えられる様子をモニターで観察しました。

参加者のみなさんが愛情を注いで育てたアマモたち。きっと、御島の海にしっかりと根付いて、生きものたちの「命のゆりかご」になってくれることでしょう!

☆博多港の絶対的ゆるキャラ、ポートくん。そのポートくんも参加した感想を書いてくれていますよ~!
ぜひ見てポ~!!⇒「ポートくんの博多港ぽーっと散歩」(Facebook)

(アイランドシティ魅力PR係 記者A)

シクロクロス in アイランドシティ! 

地域活動 2018年2月5日

みなさん、こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。

今日は、2月4日(日曜日)に、アイランドシティで開催されたイベント「九州シクロクロス第3戦 福岡アイランドシティ」(主催:九州シクロクロス実行委員会 協賛:積水ハウス株式会社)の模様をお伝えします!

みなさん、シクロクロス(Cyclo-cross)という自転車競技をご存知ですか?この競技は、山あり谷あり障害物ありのオフロードコースを自転車で駆け抜けるという競技です。
今回のイベントでは、アイランドシティにある現状更地の私有地(建設中の総合体育館の近く)にコースがつくられていました。

開催当日は、福岡らしからぬ雪景色!めちゃくちゃ寒いっ!!
もともとシクロクロスはタフさが必要とされる競技ですが、さらにこの日は寒風吹きすさぶハードなコンディション。しかし、出場される選手のみなさんの熱気はもっとスゴイ!寒さや雪などものともせず、ペダルを力強く踏んでいらっしゃいました。

スタート! スタート!

オフロードの道をガシガシ突き進んで行きます! オフロードの道をガシガシ突き進んで行きます!

これぞ、シクロクロスの醍醐味!!コース上に設けられた障害物を、人が自転車をかついで乗り越えていきます。クリアすると、すぐさま自転車に飛び乗り、再び漕ぎ進みます。まさに人馬一体!

雪舞い散る中、いよいよゴール!
途中で自転車が故障してしまった方は、このように自転車をかついで走りながらゴール!!こう見ると、自転車がただの乗り物ではなく、まさに”愛車”、いや”相棒”というかんじですね!

2月25日(日曜日)にも、同じ会場で第4戦が開催されるそうですので、ぜひアイランドシティにいらっしゃって、この迫力を体感してみてください。バックストレートのスピードも見ものですよ!何を隠そう、わたくし記者Aも自転車大好き人間なので、また見に行くと思います。

(アイランドシティ魅力PR係 記者A)

てりはらぼを開催しました!~ドローン体験編~

地域活動 2017年12月6日

 みなさん、こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。

 今日は『てりはらぼ』最後のプログラム「ドローン体験~ドローンを思い通りに動かし、自分が体験したことのない世界をみてみよう~」の様子をご紹介します。

※過去掲載記事リンク

 このプログラムは、小学生を対象にトイドローンを使って、今話題のドローン操作を体験してもらおうというプログラムです。

 まずは、先生に操作のお手本を見せてもらいました。トイドローンにはカメラが付いており、コントローラーに取り付けたスマートフォンの画面上でドローン目線の映像を見ることができます。

ドローンのカメラに向かってみんなで手を振っている様子 ドローンのカメラに向かってみんなで手を振っている様子

  実際に子どもたちもドローンを操作してみました!

↑先生と一緒に挑戦! ↑先生と一緒に挑戦!

↑ひとりでもばっちり操作できていました☆ ↑ひとりでもばっちり操作できていました☆

 めったに触れる機会のないドローンに参加者の皆さんは興味津々で、一緒に参加した保護者の方も夢中になっていました♪

 最後に産業用ドローンで集合写真を撮りました。

スクリーンにドローンのカメラで撮影した映像が映し出されています。みんなでポーズを決めてハイチーズ♪ スクリーンにドローンのカメラで撮影した映像が映し出されています。みんなでポーズを決めてハイチーズ♪

 ドローン体験のプログラムはドローンスクールジャパン福岡東校のみなさんにご協力いただきました。ありがとうございました。

 ドローン体験を行った照葉小中学校体育館では、ゲームコントローラーで好きなように動かすことができるアイランドシティのCGコーナーも設け、参加者のみなさんに自由に動かしてもらい、アイランドシティはどんなところか見ていただきました!

アイランドシティCGコーナーの様子 アイランドシティCGコーナーの様子

 ホームページにもアイランドシティCGがありますのでぜひダウンロードしてみてください!

 『てりはらぼ』に参加していただいたみなさんに、アイランドシティの先進的なまちづくりの取り組みを少しでも体験していただけたのではないかと思います。

 またアイランドシティに行ってみたいなと思ってもらえたら嬉しいです♪

(アイランドシティ魅力PR係 記者X)

てりはらぼを開催しました!~ロボットをプログラミングで動かしてみよう!編~

地域活動 2017年12月5日

 みなさん、こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。

 昨日に引き続き、『てりはらぼ』で行った「ロボットをプログラミングで動かしてみよう!」の様子を紹介します!

 このプログラムは、小学4~6年生を対象に、「エムボット」というロボットカーを使って、エムボットが決まったコースを正確に走るようにプログラミングしてみるプログラムです。専用ソフトを使って、「前へ進む」「○秒止まる」など動く方向や速さなどの指示を組み合わせてエムボットを動かしたいようにプログラミングしていきます。

上の写真が「エムボット」です。 上の写真が「エムボット」です。

プログラミングしている様子 プログラミングしている様子

 プログラムの後半には、会場内に作られたコースの中からそれぞれ好きなコースを選び、自分のエムボットがコースを正確に走るようにプログラミングを行いました。どのくらいの速さで何秒走らせるとコースの長さぴったりになるのか設定するのが難しいようで、子どもたちは試行錯誤しながら何度もチャレンジしていました!

 一直線コースにチャレンジ!うまくコースを走らせることができたようです♪

 最後に発表会を行い、一人一人の成果を発表しました♪

 前回紹介したプログラミング体験より少し難しい内容でしたが、参加した子どもたちは自分で考えながら楽しく取り組んでいたようでした!

 『てりはらぼ』で行った2つのプログラミング体験は株式会社グルーヴノーツのみなさんにご協力いただきました。ありがとうございました。

 次回は、「ドローン体験~ドローンを思い通りに動かし、自分が体験したことのない世界をみてみよう~」の様子をご紹介しますので、お楽しみに~♪

(アイランドシティ魅力PR係 記者X)

てりはらぼを開催しました!~プログラミングであそんでみよう!!編~

地域活動 2017年12月4日

 みなさん、こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。

 12月3日(日曜日)に『てりはらぼ』を開催しました!

 『てりはらぼ』は、アイランドシティの先進的なまちづくりの取り組みをたくさんの方に体験していただくために、Fukuoka Smart EASTの対象地域であるアイランドシティで先進的技術を体験してもらおうというイベントです。小学生を対象に、照葉公民館と照葉小中学校体育館で3つのプログラムを開催しましたので、その様子を3回に分けて紹介します。

 まずは「プログラミングであそんでみよう!!-みらいのまちづくり-」の様子を紹介したいと思います♪

 このプログラムは、小学1~3年生を対象に、小学生でも簡単にプログラミング体験ができるソフトを使って、自分が書いた絵を思い通りに動くようにプログラミングしてみるプログラムです。まずは、先生の話をよく聞いてから、実際に自分のパソコンで練習してみよう!もともとパソコンにある絵を自分の好きなように動かしてみます。

先生の話を真剣に聞いています。 先生の話を真剣に聞いています。

自分のパソコンでいざ練習!楽しそうです♪ 自分のパソコンでいざ練習!楽しそうです♪

 操作に慣れてきたところで、今度は自分で絵を描いて、それを思い通りに動かします!「みらいのまち」をテーマに、現在アイランドシティにある建物や、将来こんなものがあったらいいなと、未来のまちを想像しながら絵を描いていき、どんな速さでどのように動かすか、それぞれプログラミングしていきます。

 手前の男の子はアイランドシティにある高層マンション「アイタワー」を描いていますね♪

 最後にみんなが描いた絵を一つのスクリーンに映し出し、発表会をしました。猛スピードで走るスポーツカーや走る家など、個性豊かな作品がたくさんあり、子どもの想像力ってすごいな~と感じました♪

 描いた絵を映し出した様子。カラフルでユニークな作品がたくさんありました!

 このイベントで、少しでもプログラミングっておもしろいなと思ってもらえたらうれしいです♪

 次回は、「ロボットをプログラミングで動かしてみよう」の様子を紹介しますので、お楽しみに~☆

(アイランドシティ魅力PR係 記者X)

みんなのちからで生きものいっぱいの海へ!

地域活動 2017年11月13日

 みなさん,こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。

 今回は,11月3日(金曜日・祝日)にアイランドシティで開催された『アマモ場づくり』の様子をご紹介します!
 みなさん,アマモ場ってご存じですか?アマモは海中に生える種子植物で,それが集まってできているのがアマモ場です。アマモ場は潮流をやわらげ、外敵からの隠れ場ともなるため、魚をはじめとする生きものがすみかにしたり,エサを取ったり,産卵したりする大切な場所です。そのため「海のゆりかご」とも呼ばれています。福岡市では,生きもののすみやすい環境を創出するため,市民のみなさんとの共働でアイランドシティ周辺の御島海域のアマモ場づくりに取り組んでいるんです!

 その一環で行われているのが今回のイベントで,約40名のみなさんがご参加くださいました。アマモの種入りシートを作って海の中に設置したり,アマモの種を入れたポットを作ってみんながお家で育てたりします。お家で育てたアマモは,来年の2月17日にダイバーさんに手伝ってもらって海底に苗植えしますよ!

↑アマモの種をたくさん含んだシートを作っているところです。 ↑アマモの種をたくさん含んだシートを作っているところです。

↑できあがったシートはダイバーさんが海底に設置します。 ↑できあがったシートはダイバーさんが海底に設置します。

↑アマモ育成ポットを作っているところです。 ↑アマモ育成ポットを作っているところです。

↑できあがり!早く芽が出てこないかな(1か月くらいかかるそうです) ↑できあがり!早く芽が出てこないかな(1か月くらいかかるそうです)

 当日は海底を映し出すモニターがあったり,生きものにふれる観察会もあったりしましたよ。

 来年の春あたりにはアマモたちが立派に育って,海の生きものたちのゆりかごとして活躍してくれるはずです!また2月の苗植えの様子をお伝えしようと思いますので,お楽しみに♪

(アイランドシティ魅力PR係 記者A)

アジアのみなさんにもっと九州産の農産物を!

地域活動 2017年11月9日

 みなさん,こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。

 今回は,10月31日(火曜日)に,アイランドシティにあるベジフルスタジアムで開催された商談会についてご紹介します。この商談会,ただの商談会じゃないんです!
 全国に先駆けて高度な品質管理ができる新しい青果市場として開場した「ベジフルスタジアム」。その強みを活かして,福岡市内産をはじめとした九州産農産物のアジアに向けた輸出拡大をめざしています。そこでこの商談会では,『実際に海外のバイヤーの方々をお招きし,九州・福岡の生産者団体の方々と直接商談をしていただこう!』というものです。なんと,地方公共団体等が開設する中央卸売市場で,海外のバイヤーを招いた公式商談会を開催するのは「全国初」なんです!

↑活発な商談が行われていましたよ! ↑活発な商談が行われていましたよ!

 商談会には,香港・シンガポール・マレーシア・台湾・ベトナムの5つの国と地域から10の企業団体のみなさんがいらっしゃっていて,県内のJAや九州県下の生産者団体のみなさんなど19団体が参加されていました。

↑ここからきっとアジアへの新たな販路がひろがっていくことでしょう! ↑ここからきっとアジアへの新たな販路がひろがっていくことでしょう!

 九州の食べものって,本当においしいですよね!九州の生産者のみなさんが丹精込めて育てた新鮮でとてもおいしい野菜やフルーツを,アジアのたくさんの人たちにもぜひ味わっていただきたいです。ベジフルスタジアムが九州の青果物流拠点としてますます活躍することが期待されます!!

(アイランドシティ魅力PR係 記者A)

照葉小中学校 創立10周年!

地域活動 2017年11月7日

 みなさん,こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。

 アイランドシティにある照葉小中学校が創立10周年を迎え,10月28日(土曜日)に記念式典が開催されました。

 式典後には放送部による学校紹介や,照葉中学校吹奏楽部の演奏,小学6年生・中学3年生による合唱も披露されました。 

↑照葉中学校吹奏楽部の演奏の様子 ↑照葉中学校吹奏楽部の演奏の様子

↑照葉小学校6年生による合唱の様子  ↑照葉小学校6年生による合唱の様子 

 ~照葉小中学校の紹介~

 照葉小中学校は福岡市初の施設一体型小中連携教育校です。平成19年に照葉小学校が開校,続いて平成20年に照葉中学校が開校しました。開校当時(平成20年)の児童生徒数は326名でしたが,アイランドシティの発展とともに居住人口が増え,現在では1600名を超える児童生徒が照葉小中学校に通っています。

↑照葉小中学校の校舎 ↑照葉小中学校の校舎

 そんな照葉小中学校では,施設一体型小中連携教育校ならではの取組みを行っています。それは「縦割り清掃」です。小学1年生から中学3年生までの9学年で縦割り班を作って清掃活動を行うことにより,最上級生としての自覚(小学6年生・中学3年生)を高めるとともに,下級生は上級生を真似しながら成長することができます。そのほかにも,気持ちのよい挨拶の徹底や,自分の考えを積極的に発信し友達との意見交流により考える力を高める「意見交流活動」など特色ある取組みを行っています。

 下記のサイトでイラストとアニメーションを使って紹介していますので,ぜひご覧ください!

(アイランドシティ魅力PR係 記者X)

照葉校区音楽祭

地域活動 2017年10月17日

 みなさん,こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。

 今日は,10月14日(土曜日)に開催された照葉校区音楽祭の様子をお届けします。

 照葉校区音楽祭は,照葉校区青少年育成連合会主催で開催されています。アイランドシティまちびらき10周年を迎えた平成27年から始まり,今年で第3回目となります。照葉中学校吹奏楽部の皆さんによる演奏,フラダンスやピアノの発表会,プロの方による演奏など,内容盛りだくさんの音楽祭でした。

↑照葉中学校吹奏楽部による元気な演奏とダンス☆ ↑照葉中学校吹奏楽部による元気な演奏とダンス☆
↑年長から小学3年生までの女の子によるフラダンス。とてもかわいらしいダンスでした♪ ↑年長から小学3年生までの女の子によるフラダンス。とてもかわいらしいダンスでした♪
↑プロのテューバ奏者・ピアニストによる迫力ある演奏! ↑プロのテューバ奏者・ピアニストによる迫力ある演奏!
↑保育園から小学生までの子どもたちによるピアノの発表会。みなさん一生懸命演奏していました! ↑保育園から小学生までの子どもたちによるピアノの発表会。みなさん一生懸命演奏していました!

(アイランドシティ魅力PR係 記者X)

テラコッタドールの秘密…!

地域活動 2017年10月10日

 みなさん,こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。

 今日は,アイランドシティ・コミュニティガーデンのシンボルである「テラコッタドール」の”秘密”を明かしちゃいます!

 上の写真がテラコッタドールです!たくさんの緑や花に囲まれ,自然豊かなアイランドシティとマッチングしています!ちなみにこの花壇は地域の花活動団体カメリアガーデンクラブの方々が日々手入れしています。

 みなさん,テラコッタドールの頭に注目してください。実は・・・




 水が出るんです!!

 頭の上についているプロペラのようなものが,くるくる回りながら散水します。

 まるでテラコッタドールがシャワーを浴びているようですね♪

(アイランドシティ魅力PR係 記者X)

コミュニティガーデンまつりが開催されました!

地域活動 2017年10月5日

 みなさん,こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。

 9月30日(日曜日)にアイランドシティ・コミュニティガーデンで「コミュニティガーデンまつり」が開催されました。

 会場では,小学生が絵本やおもちゃなどを販売するキッズフリマをはじめ,ピザ窯を使ったピザ作り体験や九産大farm3.0による芋ほり体験,ベッタ会による紙や土などの資源の大切さを学ぶ学習会など,さまざまなイベントが行われていました。

↑キッズフリマの様子 ↑キッズフリマの様子

↑コミュニティガーデンで育てた芋を収穫! ↑コミュニティガーデンで育てた芋を収穫!

  この日は,ヤギが登場!
  ※普段は,コミュニティガーデンにヤギはいません。  

 アイランドシティ・コミュニティガーデンでは,こういったイベントを通して気軽に楽しく”豊かな自然環境と共生する”アイランドシティについて学ぶことができます。


(アイランドシティ魅力PR係 記者X)

キッズデザイン賞 受賞!

地域活動 2017年9月15日

 みなさん,こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。

 今日は,うれしいニュースをご紹介します!アイランドシティ・コミュニティガーデンが,〈子どもたちの創造性と未来を拓くデザイン部門〉で「第11回 キッズデザイン賞」を受賞しました(^0^)/

※キッズデザイン賞
「子どもたちの安全・安心に貢献するデザイン」「創造性と未来を拓くデザイン」そして「子どもたちを産み育てやすいデザイン」というキッズデザインの理念を実現し、普及するための顕彰制度です。子ども目線を持った、良質な商品や施設、プログラム、調査研究活動などを対象として幅広く募集されています。

↑アイランドシティ・コミュニティガーデンの入り口では,シンボルのテラコッタドールが出迎えてくれます。 ↑アイランドシティ・コミュニティガーデンの入り口では,シンボルのテラコッタドールが出迎えてくれます。

 アイランドシティ・コミュニティガーデンでは,環境との共生について意識を高めるさまざまな活動を行っています。この活動を通して,地域の子どもたちが身の回りにあるものを循環させる「小さな循環」を基本とした暮らし方を学び,モノを大切にしながら楽しく環境共生ををめざす実践の場となっています。子どもたちが普段の生活の中で環境にやさしい意識や行動を身につけ,それがひいては環境共生のまちの礎を築いていきます。これが受賞のポイントです!

(8月22日の掲載記事で活動のひとつをご紹介しています。)

 この受賞をきっかけに,アイランドシティ・コミュニティガーデンでの活動がますます充実し,またこういった取組みが他の地域にも広がっていくことが期待されます。

(アイランドシティ魅力PR係 記者A)

御島グリーンベイウォークで花火大会!

地域活動 2017年9月14日

 みなさん,こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。

 9月10日(日曜日)に御島グリーンベイウォークで第27回Fukuoka東区花火大会が開催されました!

 アイランドシティをバックに夜空に輝く花火。きれいですね~(^^)また来年が楽しみですね♪

 花火大会が開催された御島グリーンベイウォークについて,アイランドシティ魅力紹介サイト「Wonderful One」で紹介していますので,ぜひご覧ください!

(アイランドシティ魅力PR係 記者X)

福岡女子大学での公開講座

地域活動 2017年9月11日

 みなさん,こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。

 今回は,9月2日に福岡女子大学で開催された公開講座『充実した暮らしをサポートするまちづくり:有機的な地域システムとは』の様子をご紹介したいと思います!

 「アイランドシティと何の関係が?」と思われるかもしれませんね。実は,この公開講座の講師を務められた福岡女子大学の中村准教授は,昨年度,アイランドシティをフィールドとして『女性の社会における活躍推進と持続可能な地域経済に関する研究』(アイランドシティ・アーバンデザインセンターとの共同研究)を実施されました。

☆研究活動の詳細はこちらをご覧ください 

 この公開講座では,充実した暮らしをサポートするまちづくりを考えるにあたっての基礎となる経済学や社会学の理論を解説いただくとともに,アイランドシティを対象にしたケースワークが紹介されました。

↑公開講座の様子です。 ↑公開講座の様子です。

 今後,日本の社会全体にとってますます重要となってくる女性の社会における活躍。しかし,さまざまな課題や制約があることも事実です。現状,アイランドシティも決してその例外ではありません。今後,先進的モデル都市をめざしているアイランドシティが,「女性の活躍」という視点からも暮らしやすい地域となるよう,この研究が活かされていくことが期待されます!

(アイランドシティ魅力PR係 記者A)

9月1日は防災の日!アイランドシティの防災は?

地域活動 2017年9月1日

 みなさん,こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。

 本日9月1日は「防災の日」です。なぜ,9月1日が防災の日になったかというと,1923年9月1日に発生し,10万人以上の死者・行方不明者を出した『関東大震災』に由来しています。台風・高潮・津波・地震等の災害についての認識を深め,それらの災害に対処する心構えを準備するためとして,1960年に制定されました。

 アイランドシティでは自主防災組織が結成され,住民が主体となった防災訓練などの取組みがなされていますが,照葉公民館でも防災に関するものを発見しました。照葉公民館内のトイレの一部に,防災に関する内容が書かれたトイレットペーパーが設置されていたのです!

↑トイレットペーパーには”災害のお役立ち品”や”災害伝言ダイヤル”など豆知識がたくさん書かれていました。 ↑トイレットペーパーには”災害のお役立ち品”や”災害伝言ダイヤル”など豆知識がたくさん書かれていました。

 照葉校区の防災訓練の際に自治協議会で購入されたものを,照葉公民館で活用しているそうです。常にこのトイレットペーパーが設置してあるわけではないそうですが,こうした工夫で,日常のふとした瞬間に防災を意識するきっかけになりそうですね!

(アイランドシティ魅力PR係 記者X)

夏休みエコ教室~まちの模型を作ろう!~

地域活動 2017年8月28日

 みなさん,こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。

 今回は8月22日(火曜日)に照葉公民館で開催された『夏休みエコ教室~まちの模型を作ろう!~』(主催:九州大学住吉研究室)の様子をご紹介します。
 アイランドシティでは,「CO2ゼロ街区」など,人と地球にやさしいエコなまちづくりを行っています。太陽光発電などの”エコな設備”も大切ですが,電気などのエネルギーを使う人自身の”エコな意識”もとても大切ですよね。そこで,アイランドシティの子どもたちが,住宅のエネルギーデザインとライフスタイルに関する研究などをされている九州大学住吉研究室のみなさんと一緒に,エコな生活をするためのポイントを楽しく学びました!

↑子どもたちが思い思いの家をデザインして,まちの模型を作りました。ステキなまちができましたね(^^) ↑子どもたちが思い思いの家をデザインして,まちの模型を作りました。ステキなまちができましたね(^^)

 まずは,上の写真のような“すごろくゲーム”になるまちの模型を作りました。このすごろくゲームには,エコにとってプラスになること(家族みんなでお風呂に入るなど),マイナスになること(クーラーのON・OFFを繰り返すなど),エコクイズ(お湯を沸かす時にポットと電子レンジどちらがエネルギーを使わない?など)のマス目があり,ゴールまでにエコポイントたくさん集めるというものでした。

↑「あぁ!これエコじゃない!!ポイントが減るやん…」 ↑「あぁ!これエコじゃない!!ポイントが減るやん…」

 この体験を通して,普段の生活のちょっとした行動の中にもエコに貢献できることがあることを知ってもらえたようです。これをきっかけに,地球にやさしい生活を心がけていただければと思います(^^)今後も,アイランドシティがCO2排出量削減のモデルケースとなるように,ハード面でもソフト面でもエコなまちをめざしていきます!


☆CO2削減の取組みについてイラストとアニメーションでわかりやすく紹介しています!

ぜひ,こちらのサイトもご覧ください!

(アイランドシティ魅力PR係 記者A) 

アイランドシティ中央公園で樹名札づくり体験!

地域活動 2017年8月25日

 みなさん,こんにちは! アイランドシティ魅力PR係です。

 今回は,アイランドシティ中央公園で開催中のイベントについてご紹介します。アイランドシティ中央公園では,8月2日(水曜日)から8月31日(木曜日)まで(休館日を除く)公園内の樹木に付ける名札を作ることができる「樹名札づくり」を行っています。
 
 木製の札にカラーペンで樹木の名前や絵を自分好みにデザインすることができます。

 作った樹名札は実際にアイランドシティ中央公園の木に取り付けます。緑豊かな場所ならではのイベントですね。

 アイランドシティ中央公園に世界に一つだけのステキな樹名札を作りにきてみませんか?

(アイランドシティ魅力PR係 記者K)

ページトップ