MENU

海の中の環境づくり!Part3 アマモ場づくり

環境 2018年3月23日

みなさん、こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。

人と自然が共生するまちをめざしているアイランドシティ。
これまで『作澪(さくれい)』と『覆砂(ふくさ)』をご紹介し、環境共生の取組みは、地上からは見えない海の中にも及んでいることをお伝えしました(記事は下記のリンクをごらんください)。

今回は海の中の環境づくり第3弾として、『アマモ場づくり』についてご紹介します!!

アマモは砂泥質の浅い海に育つ植物です。海中で二酸化炭素を吸収し酸素を放出するとともに、水をきれいにしたり、魚介類の産卵場や生息場になったりします。それゆえ、「海のゆりかご」とも言われ、生きもののすみやすい環境を創り出す効果がある植物です。

アマモ場の効果(模式図) アマモ場の効果(模式図)

御島水域では、地域の子どもたちや企業などと一緒に、アマモ場の再生に取り組んでいます!アマモ自体も生きものなので、成長するには時間が必要ですし、その年ごとの気候にも左右されますが、よりたくさんのアマモが根付くように取り組みを続けています。

御島海域に見られるアマモの群落 御島海域に見られるアマモの群落

小学生によるアマモ場づくり(アマモシートの制作) 小学生によるアマモ場づくり(アマモシートの制作)

次回は、アマモ場づくりの効果をもう少し詳しく見ていきたいと思います!お楽しみに~♪

(アイランドシティ魅力PR係 記者A)

ページトップ