MENU

海の中の環境づくり!Part5 自然石緩傾斜護岸

環境 2018年6月1日

みなさん、こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。

人と自然が共生するまちをめざしているアイランドシティ。
これまで4回にわたって、環境共生の取組みは、地上からは見えない海の中にも及んでいることをお伝えしました(記事は下記のリンクをごらんください)。

海の中の環境づくり!Part1 作澪(さくれい)
海の中の環境づくり!Part2 覆砂(ふくさ)
海の中の環境づくり!Part3 アマモ場づくり
海の中の環境づくり!Part4 アマモ場づくりの効果

今回は第5弾として、『自然石緩傾斜護岸(しぜんせきかんけいしゃごがん)』についてご紹介します!!

なんだか名前だけ見ると、イカツイかんじですね…。しかし、そんな硬めの名前とは裏腹に、海の中の生きものたちに自然石緩傾斜護岸はとっても優しいものなんです!

アイランドシティ外周の自然石緩傾斜護岸 アイランドシティ外周の自然石緩傾斜護岸

自然石を積み上げるなどして造ったアイランドシティの外周護岸は、石のすき間が生きもののすみかとなっており、石の表面に付いた微生物やカキによる水質浄化効果も期待できます。見た目も、垂直に切り立ったコンクリートの護岸に比べ、ナチュラルなかんじでステキですよね!

石のすき間に住む生きものたち。見つけられますか? 石のすき間に住む生きものたち。見つけられますか?

自然の生きものたちも人も気持ちよく暮らせる。これからもアイランドシティはそんな場所をめざしていきます!!

(アイランドシティ魅力PR係 記者A)

ページトップ