MENU

子ども防災キャンプ~学校に泊まろう!~①

地域活動 2017年8月8日

 みなさん,こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。

 今回は,7月29日・30日に,照葉校区子ども会主催で開催された『子ども防災キャンプ~学校に泊まろう!~』をご紹介したいと思います。アイランドシティでは自主防災組織が結成されており,防災意識の高い取り組みが進められています。その一環として,被災した時に役立つノウハウについて,約70人の子どもたちが照葉小中学校にお泊りしながら体験していました。
 まずは,自分たちの寝床になる段ボールベッドの制作です。避難所生活ではなかなかぐっすりとは眠れないもの。少しでも快適に睡眠が取れるようにするためのノウハウですね。

↑班のメンバーで協力しながら,段ボールを組み立てていきます。どんなベッドができるかな? ↑班のメンバーで協力しながら,段ボールを組み立てていきます。どんなベッドができるかな?
↑完成!ちゃんとベッドになっていますね!!仕切りを立てて,プライベート空間をつくる工夫がされています。 ↑完成!ちゃんとベッドになっていますね!!仕切りを立てて,プライベート空間をつくる工夫がされています。
↑このような個性的なベッドも。「電気がついとったら,まぶしくて寝られんやん。」確かに! ↑このような個性的なベッドも。「電気がついとったら,まぶしくて寝られんやん。」確かに!

 子どもたちは,それぞれ避難所での生活を想像しながら,快適に眠るためのベッドづくりができていました。このように被災した時のことを自分なりに想像することが,子どもたちの中に防災意識を育むきっかけのひとつになるのではないかと感じました。

 次回は,「ツナ缶ランタン」を作る様子をお伝えします。お楽しみに~♪

(アイランドシティ魅力PR係 記者A)

福岡市総合体育館建設現場へ潜入!vol.1

整備状況 2017年8月7日

 みなさん,こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。

 みなさんは,アイランドシティに福岡市総合体育館ができることを知っていますか?
地上4階建てで,西日本最大級のアリーナのほか,武道場や弓道場,多目的室などを備えた体育館が,平成30年秋に開館する予定です!

↑福岡市総合体育館の完成イメージ図です。体育館のまわりは,アイランドシティの特徴である,緑あふれるつくりになっていますね。 ↑福岡市総合体育館の完成イメージ図です。体育館のまわりは,アイランドシティの特徴である,緑あふれるつくりになっていますね。

 来年の開館に向けて着々と建設工事が行われていますが,平成29年7月26日(水曜日)に建設現場に潜入してきました。 現在の体育館は基礎工事の真っ最中!

作業中のみなさん,暑い中お疲れさまです! 作業中のみなさん,暑い中お疲れさまです!

 これから体育館の完成まで建設現場を追跡し,その様子を掲載していきたいと思います!お楽しみに~♪

(アイランドシティ魅力PR係 記者X)  

こども新聞づくり体験!③

地域活動 2017年8月4日

 みなさん,こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。

 前回に続き,7月29日(土曜日)に照葉公民館主催で開催された『こども新聞づくり体験講座』の様子をご紹介したいと思います。今回は,いよいよ取材してきた内容をもとに,新聞の紙面を作っていきます。そして,出来上がった新聞について,みんなの前で発表してくれました。

↑ 色使いや写真の切り出し方,文章の区分けの仕方なども工夫しながら記事にしていましたよ。 ↑ 色使いや写真の切り出し方,文章の区分けの仕方なども工夫しながら記事にしていましたよ。
↑ 出来上がった新聞をみんなの前で発表します。注目したところや取材してみて感じたところなどをしっかり発表できていました! ↑ 出来上がった新聞をみんなの前で発表します。注目したところや取材してみて感じたところなどをしっかり発表できていました!
↑ 出来上がった新聞はこんなかんじです。色使いがかわいいですね(^^)思わず読んでみたくなるすてきな新聞です。 ↑ 出来上がった新聞はこんなかんじです。色使いがかわいいですね(^^)思わず読んでみたくなるすてきな新聞です。

 学校での学習以外に,公民館でこういった体験ができるのはとても良い社会勉強になりますね!子どもの教育に対して,地域のみなさんが積極的に動かれていることもアイランドシティの大きな魅力のひとつだと思います!!

(アイランドシティ魅力PR係 記者A)

こども新聞づくり体験!②

地域活動 2017年8月3日

 みなさん,こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。

 前回に続き,7月29日(土曜日)に照葉公民館主催で開催された『こども新聞づくり体験講座』の様子をご紹介したいと思います。照葉小学校開校の時に3年生だった先輩にインタビューをした子どもたち。次は,自分の思い描く記事に合った写真を学校へ撮影しに行きます!

↑ 照葉小学校を背景に記念撮影。これも新聞に載せる写真になります。 ↑ 照葉小学校を背景に記念撮影。これも新聞に載せる写真になります。

 開校10周年の横断幕がかかっているところ,教室や下駄箱の様子,飼育小屋のうさぎ,ランチルームなどなど。学校のどの部分の写真を載せると魅力的な記事になるか,読む人に伝わるかを自分で考えながら取材できていました。

↑ 「こういう写真がいいな」と考えながら,写真を撮影していましたよ! ↑ 「こういう写真がいいな」と考えながら,写真を撮影していましたよ!

 次回は,インタビューの内容や撮影した写真を使って,いよいよ新聞にしていきます。自分が作った新聞記事について,発表もしていましたので,その様子をお伝えします。お楽しみに~♪

(アイランドシティ魅力PR係 記者A)

こども新聞づくり体験!①

地域活動 2017年8月2日

 みなさん,こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。

 今回は,7月29日(土曜日)に照葉公民館主催で開催された『こども新聞づくり体験講座』の様子をご紹介したいと思います。毎朝,家に届く新聞ですが,子どもたちにとっては,どうやって新聞ができているのかは未知の世界かもしれませんね。そこで,朝日新聞社の方を講師としてお招きし,実際に新聞記事を作る体験をしてもらいました。テーマは今年開校10周年をむかえる照葉小学校の「今と昔」。自分たちが普段通っている小学校を,新聞記者の目線で取材してもらいました(^^)

↑ まずは新聞の見方や,タイトル・前文の書き方,インタビューの仕方などを学びました。 ↑ まずは新聞の見方や,タイトル・前文の書き方,インタビューの仕方などを学びました。

 体験する小学生のみなさんと講師の方,そしてもう一人,さわやかな青年の方がいらっしゃいますね。実は,こちらの方は照葉小学校が開校した時の最初の児童だった方なんです!その当時は小学3年生でしたが,今では立派な大学生になっていらっしゃいます。子どもたちは彼にインタビューすることで,照葉小学校の「昔」について取材していきました。

↑ 照葉小学校の「おすすめスポット」「ひみつ」「ココが好き」などを着眼点に「昔」を探るインタビュー内容を考えます。 ↑ 照葉小学校の「おすすめスポット」「ひみつ」「ココが好き」などを着眼点に「昔」を探るインタビュー内容を考えます。
↑ 開校した時の児童数,良かったこと,給食のこと,飼育小屋のことなどをインタビューしていました。 ↑ 開校した時の児童数,良かったこと,給食のこと,飼育小屋のことなどをインタビューしていました。

 開校当初は1学年に1学級で,各学級の人数も20人ぐらいだったとのことでした(今では全38学級,児童数約1,200人の小学校になっています!)。また,良かったことは,中学生と一緒にランチルームで給食を食べるなどの交流の機会があったことということでした(これは今も同じですね)。
 次回は,自分の新聞記事に合った写真を実際に学校へ撮影しに行きましたので,その様子をお伝えします。お楽しみに~♪

(アイランドシティ魅力PR係 記者A)

アイランドシティでカヌー体験!

地域活動 2017年7月31日

 みなさん,こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。

 少し間があきましたが,アイランドシティをフィールドとした地域交流イベント「パドルスポーツ交流会」でのカヌー体験の様子をご紹介します!前回(7月25日)まではSUP体験をご紹介しましたが,同じ日にカヌーの体験も行われていましたよ(^^)
 まずは,福岡市カヌー協会の指導員の方から,パドルの漕ぎ方やカヌーへの乗り込み方などを教えていただきました。

↑ 初めて触れるカヌーのパドル。上手に漕げるかな? ↑ 初めて触れるカヌーのパドル。上手に漕げるかな?

 いよいよ,実際にカヌーに乗り込み,海へ出発です!

↑ ぐらぐら揺れるカヌーですが,みんな上手に乗り込めていました。 ↑ ぐらぐら揺れるカヌーですが,みんな上手に乗り込めていました。

 子どもたちは,はじめこそ少し緊張した面持ちでしたが,すぐに慣れて楽しそうに海をクルージングしていましたよ(^^)

↑ きもちよさそうですね~。上手にスイスイ進むことができていました。 ↑ きもちよさそうですね~。上手にスイスイ進むことができていました。

 SUPやカヌーの体験を通じて地域のみなさんが楽しく交流を深める,とてもすてきな地域イベントでした!
 子どもたちにとっても,特別な体験になったようです。これからもアイランドシティの豊かな自然にふれ親しむことができる環境をどんどん活用していただきたいと思います。

(アイランドシティ魅力PR係 記者A)

アイランドシティでSUP体験!②

地域活動 2017年7月25日

 みなさん,こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。

 前回に続いて,アイランドシティをフィールドとした地域交流イベント「パドルスポーツ交流会」でのSUP体験をご紹介します!今回は,小さい子どもたちのSUP体験の様子をお伝えしたいと思います。
 安全にSUPを楽しめるように,小さい子どもたちにはプールが用意されていました。みんなで仲良くひとつのボードに乗っかっているのがかわいいですね(^^)

↑ アイランドシティ内にあるコミュニティガーデンに設置されたプールです。 ↑ アイランドシティ内にあるコミュニティガーデンに設置されたプールです。

 しっかりとボードの上に立ち上がって,パドリングできている子もいました!カッコイイです!!

↑ ばっちりSUPになっていますね!将来,トップ選手になってるかも!? ↑ ばっちりSUPになっていますね!将来,トップ選手になってるかも!?

 次回は,同じ「パドルスポーツ交流会」で行われていたカヌー体験の模様をご紹介したいと思います。お楽しみに~♪

(アイランドシティ魅力PR係 記者A)

アイランドシティでSUP体験!①

地域活動 2017年7月24日

 みなさん,こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。

 今回は,7月16日(日曜日)にアイランドシティで開催された「パドルスポーツ交流会」をご紹介します!このイベントは,「照葉のまち」の住民の方々を中心に設立されている「照葉まちづくり協会」の主催で,住民の皆さんを対象とした地域交流イベントです。アイランドシティをフィールドに,SUP(サップ)やカヌーといったマリンスポーツを子どもから大人まで楽しく体験されていましたよ(^^)

 まずはSUP体験にクローズアップしていきましょう!SUPはスタンドアップパドルボードの略で,サーフボードのような専用のボードに立ち,パドルを使って海などをクルージングして楽しむ,近年人気急上昇中のマリンスポーツです。

↑ まずはレクチャーから。真剣なまなざしで練習されていますね! ↑ まずはレクチャーから。真剣なまなざしで練習されていますね!
↑ 乗り方に慣れてくると岸から離れて本格的に体験されていました。 ↑ 乗り方に慣れてくると岸から離れて本格的に体験されていました。

 SUPは,楽しいだけじゃなく,ボード上でバランスを取るため,インナーマッスルが鍛えられてフィットネス効果もあると注目されているそうです。海という自然に囲まれて,リラックス効果もありそうですね!

↑ アイランドシティを背景にハイチーズ!参加者の方から写真をご提供いただきました。取材へのご協力ありがとうございました(^^) ↑ アイランドシティを背景にハイチーズ!参加者の方から写真をご提供いただきました。取材へのご協力ありがとうございました(^^)

 市民や住民の皆さんが海を身近に感じ,海に親しむことができるアイランドシティの水辺空間を,マリンスポーツを通して最大限に活用いただいていますね!!

 次回は,小さな子どもたちがSUPを楽しんでいる様子をご紹介します。お楽しみに~♪

(アイランドシティ魅力PR係 記者A)

クイズの正解発表!

その他 2017年7月21日

 みなさん,こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。

 前回記事の最後にポートフェスタで実施したクイズを掲載しました。

 問題『アイランドシティと香住ケ丘を結ぶ海上遊歩道の名前は?』
  ①海の中道大橋  ②御島かたらい橋  ③あいたか橋

 みなさん,答えはわかりましたか?

 正解は・・・




















③あいたか橋です!

 あいたか橋は全長430mで,日本最大級の歩行者・自転車専用の海上遊歩道です。平成29年6月19日(月曜日)にあいたか橋について詳しく掲載していますので,ぜひご覧ください!

 以上,クイズの正解発表でした♪

(アイランドシティ魅力PR係 記者X)

ポートフェスタでPR!

その他 2017年7月20日

 みなさん,こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。

 7月17日(月曜日)海の日に中央ふ頭でポートフェスタが開催されました。晴天で,イベント日和でした
(^^)

 たくさんの人が集まるイベント。これは,アイランドシティをたくさんの人にPRできるチャンス!!アイランドシティ魅力PR係も出動し,アイランドシティ整備事業の目的や,事業がどのくらい進んでいるのか,どんな施設があるかなど,パネルやパンフレットを使ってPRしました!子ども向けの簡単なクイズも実施。お父さんお母さんたちと協力して楽しそうにパネルの中から答えを探していました♪

 ポートタワーのマスコットキャラクター,ポート君もPR活動をお手伝いしてくれましたよ♪

   

  
       「暑い中,PR頑張ったポー!」

 アイランドシティ魅力PR係では,こうしたイベントやアイランドシティホームページなどで,日々アイランドシティの魅力情報を発信していますので,ぜひご覧ください☆

 最後に,イベントで実施したクイズを1問掲載します!答えはアイランドシティホームページに掲載している「IC魅力発信」の記事のどこかに隠されていますので,挑戦してみてください♪

 問題『アイランドシティと香住ケ丘を結ぶ海上遊歩道の名前は?』
  ①海の中道大橋  ②御島かたらい橋  ③あいたか橋


(アイランドシティ魅力PR係 記者X)

アイランドシティで「ハマボウ」が見ごろ!

環境 2017年7月19日

 みなさん,こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。

 今まさに,アイランドシティで「ハマボウ」が見ごろを迎えているので,ご紹介したいと思います!
 みなさん,「ハマボウ」ってご存知ですか?海岸沿いなどで育つ植物で,ハイビスカスの仲間です。夏の青空に映える,淡い黄色のとても爽やかな花を咲かせます。そんな「ハマボウ」がアイランドシティの外周緑地で見ることができますよ(^^)

↑アイランドシティの外周緑地に咲いている「ハマボウ」です。向こうに見えているのが,あいたか橋ですね。 ↑アイランドシティの外周緑地に咲いている「ハマボウ」です。向こうに見えているのが,あいたか橋ですね。
↑こちらは御島かたらい橋のたもと近くに咲いている「ハマボウ」です。高層マンションとの共演がアイランドシティならではですね! ↑こちらは御島かたらい橋のたもと近くに咲いている「ハマボウ」です。高層マンションとの共演がアイランドシティならではですね!
↑ひとつの株にたくさんの花をつけます。 ↑ひとつの株にたくさんの花をつけます。

 ひとつひとつの花は朝咲いて夕方には萎んでしまう一日花ですが,次々に開花しますので,7月いっぱいくらいまで見ごろです。ぜひアイランドシティに足を運んでいただき,可憐な夏の風物詩を楽しんでみてはいかがでしょうか?

(アイランドシティ魅力PR係 記者A)

ベジフルスタジアムで「せり」見学!③

地域活動 2017年7月18日

 みなさん,こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。

 今回はアイランドシティにある福岡市青果市場「ベジフルスタジアム」で行われている「移動せり」をご紹介します。「移動せり」は,品物を買う人と売る人(せり人)が両方動きながら、すべての商品を見て、値段をつける方法です。農家の方から青果市場に直接持ち込まれる品物などが対象で,品物の大きさや品質がそれぞれ異なっているため,ひとつひとつ実物を確認しながら「せり」をします。

↑ 「移動せり」の様子です。箱を開けて,品物を確認していますね。 ↑ 「移動せり」の様子です。箱を開けて,品物を確認していますね。

 せり人の方は,値段の書かれた札を一瞬で読み取り,だれが一番高い値段を付けているかを見極めていました。一番高い値段を付けた人が2人以上いる場合は,じゃんけんで決めていましたよ。箱がたくさんありますが,つぎつぎと値段が付けられていって,別の品物のところに買う人とせり人が移動していきます。

↑ 値段が書かれた札がたくさん上がっていますね。これだけの数の札を一瞬で見極めるのはすごいです! ↑ 値段が書かれた札がたくさん上がっていますね。これだけの数の札を一瞬で見極めるのはすごいです!

 3回にわたってベジフルスタジアムで行われている「せり」をご紹介しました。青果市場では,見学者用通路で自由に見学することはできますが,一般の方が野菜や果物を直接買うことはできません…。「ベジフルスタジアムで野菜や果物を買ってみたいな」という方は,毎月第3土曜日に「ベジフル感謝祭」というイベントが開催されていますので,ぜひそちらにいらっしゃってください!

(アイランドシティ魅力PR係 記者A)

ベジフルスタジアムで「せり」見学!②

地域活動 2017年7月13日

 みなさん,こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。

 前回に続き,アイランドシティにある福岡市青果市場「ベジフルスタジアム」での「せり」の様子をご紹介したいと思います。

 今回は「固定せり」をクローズアップします。「固定せり」は,あらかじめ設置された場所で,品物の見本(サンプル)を見ながら行う「せり」です。農協などを通して,品物のサイズや品質がそろえられているから,見本を見るだけでできるんですね。品物を買う人は“ひな壇”とよばれる台の上に並び、品物を売る人(せり人)は“せり台”とよばれる台の上に立って、品物の値段を付けていきます。

↑ 「固定せり」の様子です。奥の緑色の台が“ひな壇”で,手前の2人乗りの台が“せり台”です。 ↑ 「固定せり」の様子です。奥の緑色の台が“ひな壇”で,手前の2人乗りの台が“せり台”です。

 せり人の方の声を聞いてみました。威勢がよくて,リズミカルですね!・・・でも,何と言っているかまるでわかりません(-_-;)せり落とした人と金額をすべて数字で言い表していて,あとは「せり」を盛り上げる合いの手だそうです。せり人によって声のリズムや抑揚がちがっていて,それぞれに個性があるところがおもしろいです。

↑ 品物を買う人は,手に持っている小さな黒板に金額を表す数字を書いて掲げています。「札(ふだ)せり」とよばれる方法だそうです。 ↑ 品物を買う人は,手に持っている小さな黒板に金額を表す数字を書いて掲げています。「札(ふだ)せり」とよばれる方法だそうです。

 ベジフルスタジアムで行われている「せり」には,今回ご紹介した「固定せり」のほかに,「移動せり」というものがあります。次回は,その「移動せり」をご紹介したいと思います。お楽しみに~♪

(アイランドシティ魅力PR係 記者A)

ベジフルスタジアムで「せり」見学!①

地域活動 2017年7月12日

 みなさん,こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。

 平成28年2月にアイランドシティに開場した施設と言えば,福岡市青果市場「ベジフルスタジアム」ですね!「野菜」の“ベジタブル”と「果物」の”フルーツ”,そして「せり」という公正な競争がおこなわれる場所のイメージを競技場になぞらえた”スタジアム”から名前が付けられています。
 ベジフルスタジアムでは見学者用通路が設けられていて,どなたでも見学ができるようになっていますよ(^^)そこで,実際に「せり」を見学しに行ってみました!
 午前7時,カランカランという鐘の音とともに,「せり」が始まりました!「せり」の威勢のよいかけ声と事業者の皆さんの真剣な熱気で,市場は活気にあふれています。とても見応えがありますよ!早起きした甲斐がありました。

↑ 「せり」真っ最中のベジフルスタジアムの様子です。 ↑ 「せり」真っ最中のベジフルスタジアムの様子です。
↑ スイカもたくさん入ってきていました。暑くなってきた今日この頃,とてもおいしそうです。 ↑ スイカもたくさん入ってきていました。暑くなってきた今日この頃,とてもおいしそうです。

 生産者の皆さんが丹精込めて育てられた野菜や果物が,このようにベジフルスタジアムを通って,福岡都市圏の皆さんの食卓に並ぶんですね。良い社会勉強になると思いますので,ぜひアイランドシティに足を運ばれて,実際に「せり」を体感してみてください!

 次回は「せり」の現場にもう少し近づいて,様子を詳しくご紹介したいと思います。お楽しみに~♪

(アイランドシティ魅力PR係 記者A)

アイランドシティ見学会を実施しました!   

その他 2017年7月10日

 みなさん,こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。

 7月6日(木曜日)にアイランドシティ見学会を実施しました。今回は熊本高等専門学校八代キャンパス建築社会デザイン工学科の3年生のみなさんが見学に来られました。雨も心配されましたが,無事実施することができました。

↑ アイランドシティ整備事業の概要説明の様子 ↑ アイランドシティ整備事業の概要説明の様子

 街区全体でCO2排出量ゼロを目指している「CO2ゼロ街区」をバス車内から見学した際,「この家のつくりは○○○工法じゃない?」と,建築に関する専門用語が飛び交っており,さすが高専生だなと感じました!生徒のみなさんは,建物の外壁色の統一や緑化など,アイランドシティの景観にも非常に関心を持って見学されていました。

 今回は雨の中での見学でしたので,ぜひ天気の良い日にお越しいたただき,アイランドシティのまちなかを散策していただけたら嬉しいです♪

↑ 最後にグリッピと一緒に記念撮影☆ ↑ 最後にグリッピと一緒に記念撮影☆

(アイランドシティ魅力PR係 記者X)

美しい夕日!

環境 2017年7月7日

 みなさん,こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。

 前回は,アイランドシティの美しい朝日を紹介しました。美しい朝日ときたら,次は美しい夕日です!

 アイランドシティ中央公園の体験学習施設「ぐりんぐりん」の屋上から撮影したものです。ぐりんぐりんの屋上からはアイランドシティが一望できます。

 下の写真は香椎パークポートとアイランドシティコンテナターミナルの間に沈む夕日。

 海と山と夕日とクレーン。アイランドシティならではの景色です!

 一日の疲れも吹っ飛び,心がなごみますね~(^^)♪

(アイランドシティ魅力PR係 記者X)

美しい朝日!

環境 2017年7月6日

 みなさん,こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。

 今回は,アイランドシティの外周緑地から見える朝日をご紹介します!最近は梅雨時でくもりがちなお天気ですが,晴れた日にはアイランドシティからとてもビューティフルな朝日を見ることができますよ(☆0☆)

↑ 日の出直前。景色が青色に染まるブルーアワーと言われる瞬間です。 ↑ 日の出直前。景色が青色に染まるブルーアワーと言われる瞬間です。
↑ 三日月山から朝日が昇ってきました!とても爽やかな気分です(^^) ↑ 三日月山から朝日が昇ってきました!とても爽やかな気分です(^^)

 日の出前後の早朝ですが,外周緑地付近ではウォーキングやジョギングを楽しまれている方がかなりいらっしゃいました。こういうシチュエーションで気持ち良く運動できるのはアイランドシティの誇れるところですね!!素敵な朝日が見られると,一日元気に過ごせそうです!

(アイランドシティ魅力PR係 記者A)

アイランドシティ見学会を実施しました!  

その他 2017年7月4日

 みなさん,こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。

 6月29日(木曜日)にアイランドシティ見学会を実施しました。今回見学されたのは,早良区小田部校区環境活動推進委員会のみなさんです。

 今回はアイランドシティ中央公園のワークショップルームでアイランドシティの概要説明を行い,まちづくりエリアとコンテナターミナルをバス車内から見学しました。見学会の中では質問もたくさんしていただき,熱心に見学されていました。

↑アイランドシティ中央公園ワークショップルームでアイランドシティの概要説明 ↑アイランドシティ中央公園ワークショップルームでアイランドシティの概要説明
↑バス車内からコンテナターミナルを見学。写真はコンテナを運ぶトランスファークレーン。実は電気で動いています! ↑バス車内からコンテナターミナルを見学。写真はコンテナを運ぶトランスファークレーン。実は電気で動いています!

 実際にアイランドシティを見学してみて,「まだこれからの街,これから大きく変わっていく街だと認識した」「建物がどんどんできていて驚いた。また来たときは大きな素敵なコミュニティができていると思う」とおっしゃっていました。

 アイランドシティはまだまだこれから進化していきます!!


(アイランドシティ魅力PR係 記者X)

アイランドシティのビフォーアフター(まちづくりエリア)

整備状況 2017年7月3日

 みなさん,こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。

 今回は,アイランドシティ「まちづくりエリア」のビフォーアフターをご紹介したいと思います。

 今からさかのぼること約5年前の平成24年10月,アイランドシティのまちづくりエリアに身長約50mの巨人が出現したことをご存じでしょうか?その名も「メディカルハーブマン」!!巨大な人型のハーブガーデンがその正体でした(※現在,ハーブマンは設置されておりません)。

↑大きいですね!ハーブマンの体の各部位にはそれぞれの部位ごとに効能のあるハーブが植えられている工夫付きでした。 ↑大きいですね!ハーブマンの体の各部位にはそれぞれの部位ごとに効能のあるハーブが植えられている工夫付きでした。

 ハーブマンは,緑や花の彩りに包まれたまちをみんなでめざすアイランドシティの「花緑のまちづくり」の取組みのひとつで,ハーブは市内の小学生や地域住民のみなさんなどが協力して持ち寄り,みんなで作りあげました。
 そのメディカルハーブマンがいた付近が,今ではどうなっているかというと,福岡市立こども病院や新しくできるシニアマンションの建設工事現場などになっています。「メディカル」という名のごとく,アイランドシティがコンセプトにしている「健康未来都市」のまちづくりが着々と進んでいることがわかりますね!

↑この5年で景色もだいぶ変わっていますね! ↑この5年で景色もだいぶ変わっていますね!

 アイランドシティのまちづくりエリアはまだまだ進化中で,これからも総合体育館やアイランドシティはばたき公園,高層マンションや宿泊・商業施設などの整備・建設が予定されています。また折を見て,それぞれご紹介していきたいと思います。



(アイランドシティ魅力PR係 記者A)

アイランドシティのビフォーアフター(航空写真)

整備状況 2017年6月30日

 こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。

 今回は,アイランドシティの整備が始まった頃から現在までの移り変わりを航空写真を通してご紹介したいと思います。

 アイランドシティは平成6年度に着工し,「先進的モデル都市」をめざして,現在も引き続き整備を進めています!

↑着工後間もない平成7年度時点の航空写真です。まだ枠があるだけの状態ですね。 ↑着工後間もない平成7年度時点の航空写真です。まだ枠があるだけの状態ですね。

 着工後の約11年後となる平成17年度から,アイランドシティの「照葉のまち」がまちびらきとなり,住民のみなさんがお住まいになり始めました。

↑まちびらきとなった平成17年度時点の様子です。現在の状態に近づいてきましたが,まだ水が残っているところがありますね。アイランドシティの右下のところが「照葉のまち」です。 ↑まちびらきとなった平成17年度時点の様子です。現在の状態に近づいてきましたが,まだ水が残っているところがありますね。アイランドシティの右下のところが「照葉のまち」です。

 平成29年5月末時点で,アイランドシティには既に約8,500人(約2,800世帯)の住民のみなさんが生活されています。住宅地だけでなく,「まちづくりエリア」では健康・医療・福祉関連施設や商業施設など,「みなとづくりエリア」ではコンテナターミナルや物流関連施設などの整備が進んでいます。

↑平成28年9月時点の様子です。「まち」や「みなと」の整備が着々と進んできていますね。 ↑平成28年9月時点の様子です。「まち」や「みなと」の整備が着々と進んできていますね。

 アイランドシティに建物がすべてできあがるのはいつ頃かというと,平成40年代の見込みです。これからも福岡市の将来をリードするような都市づくりを進めていきます!


(アイランドシティ魅力PR係 記者A)

最近の記事

みなとにある門の形をした機械はなに?

織物のフォリー!

いちご公園

ページトップ