MENU

織物のフォリー!

環境 2018年1月18日

みなさん、こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。

今日は、以前ご紹介したアイランドシティ中央公園にあるフォリーのうち、「織物のフォリー」について紹介したいと思います!

※以前の紹介記事
不思議な形!『フォリー』ってなあに?

織物のフォリーはこんな形!

↑織物のフォリーの写真 ↑織物のフォリーの写真

アイランドシティ中央公園の修景池の近くにあります。
織物のフォリーの横にある看板には、
「このフォリー(東屋)は、福岡とタイの若手建築家2人と、福岡で建築を学ぶ学生たちとのワークショップを経て、そこで選ばれたWEAVE(織物)をコンセプトとする案をもとにデザインされました。織物の糸それぞれは細くてたよりないけれど、縦横に織ることによって面となり強くなるように、1本1本は細くて自立できないアルミパイプを、互いに連結し3層に織ることによって、しっかりとしたアルミ構造建築をつくりました。日中には刻々と動く複雑な陰影を足元に紡ぎ、夜には輝くぎんのかごのように浮かび上がる、軽くて強い、繊細でシンプルな建築です。」と書いてあります。

太陽に照らされて影がどんなふうに動くのか、動画で撮影して早送り再生なんかしてみると面白いかもしれませんね!(^^)

織物のフォリーの中にはベンチが設置してあり、休憩所として利用することもできるんです♪

 

↑織物のフォリーの中にあるベンチ ↑織物のフォリーの中にあるベンチ

アイランドシティ中央公園にお越しの際、立ち寄ってみてはいかがでしょうか?
(アイランドシティ魅力PR係 記者X)

いちご公園

環境 2018年1月16日

 みなさん、こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。
  
 今日は、以前の記事に引き続き、「照葉おさんぽMap」に掲載されている個々の公園等の紹介です。
  (以前の記事は、下記のリンクをご覧ください。)

 今回は、「いちご公園」です。おさんぽMapでは、
 
「香椎照葉1丁目にある児童公園。名前の「1号」にあわせて「いちご」公園というかわいい名前をつけました。(正式名称:香椎照葉1号公園)」
 
と紹介されています。公園の様子は、下の写真のとおりです。

サルスベリ(百日紅)の木かな。 サルスベリ(百日紅)の木かな。

縁石周りにあるのはアガパンサスかな。 縁石周りにあるのはアガパンサスかな。

 残念ながら、いまは冬なので、花は咲いていません。記者の植物観察の結果が正しければ、アガパンサスは6月頃に青い花が、サルスベリは8月頃にピンク色の花が咲くはずです。花の名前が正しいかどうか、花の咲く時期にまた来たいと思います。

ネームプレートが設置されています。 ネームプレートが設置されています。

正式名称です。 正式名称です。

 今後、また、別の公園をご紹介します。
 
(アイランドシティ魅力PR係 記者Y)

国際交流庭園~オークランド庭園その2~

環境 2018年1月12日

みなさん、こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。
以前ご紹介した、アイランドシティ中央公園にある国際交流庭園のうちの一つ、アメリカ・オークランド庭園について再びご紹介したいと思います。
過去掲載記事「国際交流庭園~オークランド庭園その1~」はこちら
今回はオークランドの名前の意味に着目してみました!
オークランドは、英語で「OAKLAND」と書きますが、OAK(オーク=樫の木)のLAND(土地)という意味になります。
樫の木は市の旗にも使われています。

↑オークランド市の旗です ↑オークランド市の旗です

オークランド庭園にも樫の木が植えられており、オークランドらしさを演出しています。

↑樫の木が植えられたオークランド庭園 ↑樫の木が植えられたオークランド庭園

アイランドシティに行けば、オークランドの雰囲気を楽しむことができますよ♪
(アイランドシティ魅力PR係 記者H)

みなとにある大きなキリンのような機械はなに?

みなと 2018年1月11日
アイランドシティのガントリークレーン アイランドシティのガントリークレーン

みなさん、こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。
アイランドシティの近くを通りかかった際、みなとに大きなキリンのような機械があるのを見られたことがあると思います。「あれって何だろう?」と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか?今日はこの機械をご紹介します!

この機械、正式な名前は「ガントリークレーン」と言います。コンテナ船で運ばれてきたコンテナを陸にあげたり、陸から船に積んだりするクレーンです。ブーム(キリンの首のような部分)が垂直に立っている状態で、高さが約100mにも達する大きな機械ですが、電気で動いています。

コンテナ船から積み下ろしをしているところです コンテナ船から積み下ろしをしているところです
海から見たガントリークレーン 海から見たガントリークレーン

運転席は高さ約40m(ビル13階くらいの高さ!)のところにあり、足もとがガラス張りになっていて、そこから下を見ながら操縦します(高いところが苦手な私には無理です…)。

コンテナを持ち上げる時は、運転席の下にぶら下がっている赤い装置(スプレッダー)で持ち上げますが、磁石などでくっつけるのではなく、スプレッダーの四隅にフックが付いていて、それをコンテナの四隅にある小さな穴に掛けて持ち上げています。40mの高さからそれをするので、まさに熟練の職人技なんです!!

その上、スピードも求められます。船は着岸している間は、コインパーキングのように、時間いくら、といった岸壁使用料がかかるため、船会社としてはできるだけ早くコンテナの積み下ろしをしたいと考えるからです。熟練された運転士さんで、1時間に35個~40個(1分半~2分で1個ペース)ものコンテナを動かせるそうですよ。

そっくり!? そっくり!?

ガントリークレーンの色は工業的な「赤・白」で塗装されることが多いですが、自然との共生をめざしているアイランドシティでは、鶴(マナヅル)をイメージしたカラーリングになっているんですよ!

(アイランドシティ魅力PR係 記者A)

あけましておめでとうございます!

その他 2018年1月9日

あけましておめでとうございます!アイランドシティ魅力PR係です。
年末年始のお休みをいただいておりましたが、今日から再びアイランドシティの魅力をどんどん発信していきたいと思いますので、引き続きご愛読のほどよろしくお願いいたします!


1月7日(日曜日)に、アイランドシティ中央公園でお正月ならではの巨大カルタ大会が開催されていましたので、その様子をちょこっとご紹介♪

巨大カルタ大会の様子。 巨大カルタ大会の様子。
読み札も巨大です! 読み札も巨大です!

寒い中でしたが、正解のカルタめがけて、みんな元気いっぱい走り回っていました。今年も一年、元気に楽しく過ごしていきましょう!
(アイランドシティ魅力PR係 記者X)

アイランドシティに行く際に必携のガイドブックができました!

その他 2017年12月21日

みなさん,こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。
今日は,アイランドシティ内の施設情報が網羅されているガイドブック「ISLANDCITY GUIDE」ができましたので,ご紹介です!

この冊子では,アイランドシティにある施設やお店の内容をはじめ,営業時間や連絡先などがチェックできます!地図も付いていますので,これさえあればアイランドシティのドコにナニがあるかバッチリわかるというすぐれものですよ~♪

アイランドシティ内の施設や福岡市役所の情報プラザなどに置かれる予定ですが,ぜひたくさんの方にじゃんじゃん使っていただきたいので,データもホームページにアップします!(下記のPDFファイルをダウンロードしてください)

アイランドシティの魅力がたくさん詰まってて、あなたの気になる施設やお店がきっとあるはず!この「ISLANDCITY GUIDE」をお供に,ぜひアイランドシティに来てみてください!!

(アイランドシティ魅力PR係 記者A)


少し早いですが、年内はこの記事までとなります。ご愛読いただき、ありがとうございました。
来年は1月9日からアップ予定です!平成30年は年、ワンちゃんの年です。なんとなく、このアイランドシティ魅力紹介サイトWonderful Oneワンダフルワン)、飛躍の年になりそうな予感です!!引き続きアイランドシティの魅力をどしどしご紹介していきますので、どうぞご覧いただければと思います。
それでは皆さま、来年もどうぞよろしくお願いいたします。良いお年をお迎えください。

(アイランドシティ魅力PR係 記者一同)

国際交流庭園~オークランド庭園その1~

環境 2017年12月19日

 みなさん、こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。

 今日は、アイランドシティ中央公園にある国際交流庭園のうちの一つ、アメリカ・オークランド庭園についてご紹介します。

 オークランド市は西海岸のカリフォルニア州にある港湾都市です。

 福岡市の最初の姉妹都市で、1962年に姉妹都市となりました。また、両都市とも港湾都市ということで、博多港とオークランド港は1988年に姉妹港になっています。
 オークランド市は、オークランド港を挟んでサンフランシスコ市と向かい合っており、両都市は、サンフランシスコ・オークランド・ベイブリッジ(全長約7.2km)で結ばれています。オークランド庭園には、そのベイブリッジをモデルとした橋も設置されています。  

ベイブリッジをモデルとしたオークランド庭園の橋 ベイブリッジをモデルとしたオークランド庭園の橋

 ちなみに、あの有名なゴールデン・ゲート・ブリッジはオークランド市からも遠くに見えるので、その景色を描いた作品も庭園には設置されています。

ゴールデン・ゲート・ブリッジが描かれています。 ゴールデン・ゲート・ブリッジが描かれています。

 アイランドシティに行けば、オークランドやサンフランシスコの雰囲気を楽しむことができますよ!

(アイランドシティ魅力PR係 記者H)

せせらぎ公園

環境 2017年12月18日

 みなさん、こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。
  
 今日は、以前の記事に引き続き、「照葉おさんぽMap」に掲載されている個々の公園等の紹介です。
  (以前の記事は、最下のリンクをご覧ください。)

 今回は、「せせらぎ公園」です。おさんぽMapでは、
 
「国際交流庭園からつづく広場には、帆船の形をした大型遊具などもあって、車の往来を心配することなく、安心して遊べます。」
 
と紹介されています。
 
 下に写真を載せていますが、名前のとおり、公園内には小川が流れており、のんびりできます。
 
 周りには、国際交流庭園や海の生きものビオトープなどがあります。これらについても、別の機会にご紹介していきます。(→ 以前の国際交流庭園の関連記事は、こちらをご覧ください。)

公園の中に小川が流れています。 公園の中に小川が流れています。
グリッピからのお願いです。 グリッピからのお願いです。
ネームプレートが設置されています。 中央・奥に見えるのは、国際交流庭園(中国・広州市)です。 ネームプレートが設置されています。 中央・奥に見えるのは、国際交流庭園(中国・広州市)です。

 今後、また、別の公園をご紹介します。
 
(アイランドシティ魅力PR係 記者Y)

てんとうむし広場

環境 2017年12月14日

 みなさん、こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。
 
 今日は、以前、ご紹介しました「照葉おさんぽMap」に掲載されている個々の公園等の紹介の続きです。
 

 (以前の記事は、下記をご覧ください。)

今回は、「てんとうむし広場」です。おさんぽMapでは、
 
「香椎浜へ延びる御島かたらい橋が見える広場には、カラフルな遊具がたくさんあります。広場の前の遊歩道は、自転車の練習にもピッタリです。」
 
と紹介されています。実際の写真です。緑の基礎の上に赤い遊具が設置されていて、色が映えますね。

赤とんぼ型のシーソーです。 赤とんぼ型のシーソーです。
うま、うさぎ、いるかの遊具です。 うま、うさぎ、いるかの遊具です。
一輪車型の遊具です。 一輪車型の遊具です。
広場の名前のプレートも設置されています。 広場の名前のプレートも設置されています。

 今後、また、別の公園をご紹介します。
 
(アイランドシティ魅力PR係 記者Y)

福岡市総合体育館建設現場へ潜入!vol.3

整備状況 2017年12月12日

 みなさん、こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。

 12月7日(木曜日)に福岡市総合体育館建設現場へ潜入!

 11月に引き続き、鉄骨工事を行っていました。メインアリーナは屋根や観客席も徐々にできてきましたよ!

メインアリーナの屋根の部分です。 メインアリーナの屋根の部分です。

観客席を作っています。 観客席を作っています。

 メインアリーナは黒を基調とするため、鉄骨が黒っぽく塗装されていますが、一方でサブアリーナは白を基調としたフロアになるため鉄骨は白になっているんです!下の2枚の写真を見ると違いがよく分かります。

メインアリーナの写真。鉄骨は黒っぽくなっています。 メインアリーナの写真。鉄骨は黒っぽくなっています。

サブアリーナの写真。鉄骨の色は白です。 サブアリーナの写真。鉄骨の色は白です。

 鉄骨工事は年内に終了する予定だそうです。次回潜入したときにはどうなっているのか楽しみですね(^○^)♪

(アイランドシティ魅力PR係 記者X)

※過去掲載記事リンク

GO!! ISLAND-CITY GUIDE BOOK

その他 2017年12月11日

 みなさん,こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。
 
 今日は,アイランドシティのガイドブックをご紹介します。
 
 これは、アイランドシティ・アーバンデザインセンター(平成29年3月活動終了)が中心となって作成した、アイランドシティの魅力を紹介する小冊子の特別号です。
 
 アイランドシティの施設等を6つのコースに分けて紹介しています。  

 すでに冊子の配布は終了しています。下方に、PDF版を掲載していますので、ご覧ください。
 
 両方とも同じ内容ですが、簡易版の方がデータが軽くなっています。
 
(アイランドシティ魅力PR係 記者Y)

トビハゼゾーン

環境 2017年12月8日

 みなさん,こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。
 
 タイトル名である「トビハゼゾーン」とは、アイランドシティの外周緑地の名称です。
 
 外周緑地に設置している案内図で説明されていますが、下の写真でわかるように、トビハゼの形をしています。
 
 案内図も、改めてよく見てみると、いろいろな発見があります。

外周緑地内に設置されている案内図です。 外周緑地内に設置されている案内図です。
トビハゼゾーンの場所です。 トビハゼゾーンの場所です。
「トビハゼ」のお腹のあたりから尾の方を見た景色です。(奥の方では自動車専用道路の橋脚を建設中です。) 「トビハゼ」のお腹のあたりから尾の方を見た景色です。(奥の方では自動車専用道路の橋脚を建設中です。)

(アイランドシティ魅力PR係 記者Y)

てりはらぼを開催しました!~ドローン体験編~

地域活動 2017年12月6日

 みなさん、こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。

 今日は『てりはらぼ』最後のプログラム「ドローン体験~ドローンを思い通りに動かし、自分が体験したことのない世界をみてみよう~」の様子をご紹介します。

※過去掲載記事リンク

 このプログラムは、小学生を対象にトイドローンを使って、今話題のドローン操作を体験してもらおうというプログラムです。

 まずは、先生に操作のお手本を見せてもらいました。トイドローンにはカメラが付いており、コントローラーに取り付けたスマートフォンの画面上でドローン目線の映像を見ることができます。

ドローンのカメラに向かってみんなで手を振っている様子 ドローンのカメラに向かってみんなで手を振っている様子

  実際に子どもたちもドローンを操作してみました!

↑先生と一緒に挑戦! ↑先生と一緒に挑戦!

↑ひとりでもばっちり操作できていました☆ ↑ひとりでもばっちり操作できていました☆

 めったに触れる機会のないドローンに参加者の皆さんは興味津々で、一緒に参加した保護者の方も夢中になっていました♪

 最後に産業用ドローンで集合写真を撮りました。

スクリーンにドローンのカメラで撮影した映像が映し出されています。みんなでポーズを決めてハイチーズ♪ スクリーンにドローンのカメラで撮影した映像が映し出されています。みんなでポーズを決めてハイチーズ♪

 ドローン体験のプログラムはドローンスクールジャパン福岡東校のみなさんにご協力いただきました。ありがとうございました。

 ドローン体験を行った照葉小中学校体育館では、ゲームコントローラーで好きなように動かすことができるアイランドシティのCGコーナーも設け、参加者のみなさんに自由に動かしてもらい、アイランドシティはどんなところか見ていただきました!

アイランドシティCGコーナーの様子 アイランドシティCGコーナーの様子

 ホームページにもアイランドシティCGがありますのでぜひダウンロードしてみてください!

 『てりはらぼ』に参加していただいたみなさんに、アイランドシティの先進的なまちづくりの取り組みを少しでも体験していただけたのではないかと思います。

 またアイランドシティに行ってみたいなと思ってもらえたら嬉しいです♪

(アイランドシティ魅力PR係 記者X)

てりはらぼを開催しました!~ロボットをプログラミングで動かしてみよう!編~

地域活動 2017年12月5日

 みなさん、こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。

 昨日に引き続き、『てりはらぼ』で行った「ロボットをプログラミングで動かしてみよう!」の様子を紹介します!

 このプログラムは、小学4~6年生を対象に、「エムボット」というロボットカーを使って、エムボットが決まったコースを正確に走るようにプログラミングしてみるプログラムです。専用ソフトを使って、「前へ進む」「○秒止まる」など動く方向や速さなどの指示を組み合わせてエムボットを動かしたいようにプログラミングしていきます。

上の写真が「エムボット」です。 上の写真が「エムボット」です。

プログラミングしている様子 プログラミングしている様子

 プログラムの後半には、会場内に作られたコースの中からそれぞれ好きなコースを選び、自分のエムボットがコースを正確に走るようにプログラミングを行いました。どのくらいの速さで何秒走らせるとコースの長さぴったりになるのか設定するのが難しいようで、子どもたちは試行錯誤しながら何度もチャレンジしていました!

 一直線コースにチャレンジ!うまくコースを走らせることができたようです♪

 最後に発表会を行い、一人一人の成果を発表しました♪

 前回紹介したプログラミング体験より少し難しい内容でしたが、参加した子どもたちは自分で考えながら楽しく取り組んでいたようでした!

 『てりはらぼ』で行った2つのプログラミング体験は株式会社グルーヴノーツのみなさんにご協力いただきました。ありがとうございました。

 次回は、「ドローン体験~ドローンを思い通りに動かし、自分が体験したことのない世界をみてみよう~」の様子をご紹介しますので、お楽しみに~♪

(アイランドシティ魅力PR係 記者X)

てりはらぼを開催しました!~プログラミングであそんでみよう!!編~

地域活動 2017年12月4日

 みなさん、こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。

 12月3日(日曜日)に『てりはらぼ』を開催しました!

 『てりはらぼ』は、アイランドシティの先進的なまちづくりの取り組みをたくさんの方に体験していただくために、Fukuoka Smart EASTの対象地域であるアイランドシティで先進的技術を体験してもらおうというイベントです。小学生を対象に、照葉公民館と照葉小中学校体育館で3つのプログラムを開催しましたので、その様子を3回に分けて紹介します。

 まずは「プログラミングであそんでみよう!!-みらいのまちづくり-」の様子を紹介したいと思います♪

 このプログラムは、小学1~3年生を対象に、小学生でも簡単にプログラミング体験ができるソフトを使って、自分が書いた絵を思い通りに動くようにプログラミングしてみるプログラムです。まずは、先生の話をよく聞いてから、実際に自分のパソコンで練習してみよう!もともとパソコンにある絵を自分の好きなように動かしてみます。

先生の話を真剣に聞いています。 先生の話を真剣に聞いています。

自分のパソコンでいざ練習!楽しそうです♪ 自分のパソコンでいざ練習!楽しそうです♪

 操作に慣れてきたところで、今度は自分で絵を描いて、それを思い通りに動かします!「みらいのまち」をテーマに、現在アイランドシティにある建物や、将来こんなものがあったらいいなと、未来のまちを想像しながら絵を描いていき、どんな速さでどのように動かすか、それぞれプログラミングしていきます。

 手前の男の子はアイランドシティにある高層マンション「アイタワー」を描いていますね♪

 最後にみんなが描いた絵を一つのスクリーンに映し出し、発表会をしました。猛スピードで走るスポーツカーや走る家など、個性豊かな作品がたくさんあり、子どもの想像力ってすごいな~と感じました♪

 描いた絵を映し出した様子。カラフルでユニークな作品がたくさんありました!

 このイベントで、少しでもプログラミングっておもしろいなと思ってもらえたらうれしいです♪

 次回は、「ロボットをプログラミングで動かしてみよう」の様子を紹介しますので、お楽しみに~☆

(アイランドシティ魅力PR係 記者X)

ぐるりん橋

環境 2017年12月1日

 みなさん,こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。

 今日は,以前,ご紹介しました「照葉おさんぽMap」に掲載されている個々の公園等を紹介します。

 まずは,「ぐるりん橋」です。おさんぽMapでは、

「アイランドシティ中央公園と国際交流庭園をつなぐ歩道橋で,足元が「ぐるり」とまわっています。橋の上からは公園の緑やまちの眺めが楽しめます。」

 と紹介されており,実際,以下のような感じです。

らせん状の階段が「ぐるりん」となっています。 らせん状の階段が「ぐるりん」となっています。
ネームプレートが設置されています。 ネームプレートが設置されています。
橋が「壁面緑化」がされており,緑豊かです 橋が「壁面緑化」がされており,緑豊かです

 随時,別の公園もご紹介していきます。
 
(アイランドシティ魅力PR係 記者Y)

不思議な形!『フォリー』ってなあに?

環境 2017年11月30日

 みなさん、こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。

 みなさんはアイランドシティ中央公園にある『フォリー』って知っていますか?

 フォリーは18世紀イギリスで流行した風景式庭園に用いられた”風変わりなもの”が語源とされています。

 アイランドシティ中央公園には「風のフォリー」「織物のフォリー」「太陽のフォリー」「地層のフォリー」という4つの個性豊かな形をしたフォリーがあり、休憩所としても利用することができますよ♪

アイランドシティ中央公園にある「風のフォリー」の写真 アイランドシティ中央公園にある「風のフォリー」の写真

 どんな形か気になる方はぜひアイランドシティ中央公園に足を運んで探してみてください!

 公園内にあるそれぞれのフォリーについて今後の☆IC魅力発信☆で紹介したいと思いますので、そちらもぜひお楽しみに~♪

(アイランドシティ魅力PR係 記者X)

RORO船の中を見学しました!②

みなと 2017年11月28日

 みなさん、こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。

 前回につづき、RORO船「ちゅらしま」の船内見学の様子をご紹介します。今回は、実際に船内で作業を行っている様子です。大迫力でしたよ!

船内に貨物を積んだトレーラーが直接入ってきました。
ギリギリのところを進んできます。

 船内で上手く転回して、ぴったりと定位置に。その後、貨物だけを切り離して残していきます。

 このように貨物を運び入れることも。こちらも大きな貨物を正確に運び入れていきます。大きいのにとても繊細な作業です。

 作業員のみなさんのドライバーテクニックと安全確認の連携が本当にスゴイ!!ギリギリのところを安全かつスピーディーに作業されていました。まさに職人技ですね!このように港で働かれているみなさんのおかげで、私たちも生活できるんだなぁと感じました。

 港での作業が実際にどのように行われているかを知ることができて、とても勉強になりました。ご協力いただきました琉球海運株式会社のみなさま、本当にありがとうございました。

☆実は今回の記事で、魅力発信100回目になります!!これからもアイランドシティの魅力をどんどんお伝えしたいと思いますので、引き続きご愛読のほどよろしくお願いいたします!

(アイランドシティ魅力PR係 記者A)

RORO船の中を見学しました!①

みなと 2017年11月27日

 みなさん、こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。

 先日、アイランドシティの対岸にある香椎パークポートでRORO船の見学をさせていただける機会がありました。めったに見ることができないものなので、その様子をみなさんにもぜひご紹介したいと思います!

 「RORO船ってナニ?」となっていらっしゃるかと思いますので、まずは解説を。RORO(roll-on/roll-off )船は、フェリーのように車両が直接出入りできるランプウェイを備え、船内にトレーラーなどの車両を収納するデッキを持つ貨物船のことです。貨物を運ぶトレーラーが直接船内に出入りできるので、スピーディーな貨物輸送が可能になるというメリットをもっています。

 今回の船内見学は、今後アイランドシティに物流施設を設けられる予定の琉球海運株式会社さまのご厚意により実現しました。こころよくご協力いただいた琉球海運株式会社のみなさま、本当にありがとうございました!!

 見学させていただいたのはこの「ちゅらしま」。全長約169mの大きな船です。対岸にはアイランドシティの高層マンションが見えます。

 このように、大きな貨物を積んだトレーラーがそのまま「ちゅらしま」に入っていきます。

 早速、船内に入ってみました。貨物を置く場所になる広~いデッキです!

 「ちゅらしま」は、主に博多と沖縄の間で貨物を輸送していて、沖縄のみなさんの生活や経済活動にとって欠かせないさまざまなモノを運んでいます。船内には貨物を置けるデッキのほかにも、船員さんたちの生活に必要な食堂やシャワー室、洗濯スペースなどもありましたよ。

 次回は、実際に船内で行われている作業をお見せしたいと思います。お楽しみに~♪


(アイランドシティ魅力PR係 記者A)

シティ情報ふくおか12月号に記事掲載!

その他 2017年11月24日

 みなさん、こんにちは!アイランドシティ魅力PR係です。

 11月20日に発行された地元情報誌「シティ情報ふくおか12月号」にアイランドシティを紹介する記事を掲載しています!

 普段みなさんが感じていらっしゃるアイランドシティについての「?」にお答えする内容にしていますので、ぜひご覧ください!!

(アイランドシティ魅力PR係 記者A)

ページトップ