MENU

立地施設インタビュー【アイランドシティ中央公園】前編

その他 2021年11月30日

アイランドシティで活躍されるひとにフォーカスしてお届けするインタビューシリーズ、
今回はアイランドシティを象徴する施設のひとつ、
アイランドシティ中央公園の所長 鈴木 康文さんへお話を伺いました!
2回にわたってお届けします。
 

鈴木所長がアイランドシティに最初に携わったのはいつですか。

「平成17年に開かれた第22回全国都市緑化ふくおかフェア(アイランド花どんたく)の会場づくりに携わりました。
数メートル四方のタペストリーを多肉植物で作りましたが、模様を一つ一つ作り上げていくのに苦労したのを覚えています。その他会場の植栽作りも行いました。
今年の4月から、アイランドシティ中央公園の管理事務所長となり、久しぶりにアイランドシティに戻ってきましたが、まちの様子が全く変わっていました。平成17年は住宅のごく一部が建設されていただけでしたので。」
 

緑化フェア(H17)のアイランドシティ 緑化フェア(H17)のアイランドシティ

緑化フェア会場 鈴木所長が作った植栽かも? 緑化フェア会場 鈴木所長が作った植栽かも?

15年前と比較するとアイランドシティの整備が進んで驚かれたことと思います。実際に今年から中央公園の所長となられて、どんな印象をお持ちですか?

「当初は、住宅地の中にある大規模公園というだけのイメージでしたが、実際に運営管理に携わるようになって、非常に地元に密着した公園であるというふうに感じました。
他の立地施設のみなさんや公民館、福岡市などいろいろな方と情報交換できる機会もあり、みんなで地域全体を盛り上げていこうという雰囲気があると感じています。」
 

中央公園は地域の皆さんにとってもかなり身近な場所ですよね。

「はい、仕事をしているといつも子ども達の元気な声が聞こえてくるので、元気をもらっています。
中心にある修景池を眺めながらリラックスもできますし、緑も豊かですのでアイランドシティの環境共生の象徴となっているのではないかと思います。」

緑が多くて美しい中央公園ですが、管理も大変だと思います、普段はどのようなお仕事が中心ですか。

「中央公園では現在、芝刈りを毎日行っています。
公園全体の芝刈りをするのに6人体制で約1か月かかりますし、花壇も年に5回植え替えを行います。
どのようなスケジュールでどの範囲の手入れをするのか作業計画を立てて植栽の管理を行っています。
来園された皆さんに芝生の上で安心してくつろいだり、季節の花を楽しんだりしていただきたいので。」

きれいな芝生 ピクニックに最適です きれいな芝生 ピクニックに最適です

毎日ですか!それは驚きです。利用者の快適さを、とても重視しておられるのですね。

「はい、来園者のことを第一に考えるべきと思っています。くつろいでいただけるよう、いつもきれいにしておかなければならないと感じていますし、スタッフにも日頃から丁寧な作業・対応をするよう伝えています。」

 


いつも気持ちよく公園を利用できるのは管理事務所の皆さんのおかげですね。
次回後半は今後アイランドシティ中央公園の取組み、地域への貢献などお伝えいたします。

次回もお楽しみに!
後編はこちらに掲載しています。

アイランドシティ魅力PR係 記者B

一覧へ戻る

ページトップ