MENU

はばたき通信☆№11

整備状況 2022年8月30日

梅雨明けのはばたき公園

春の渡りの季節が終わり梅雨入りしたかと思えば、あっという間に梅雨明けしてしまい、時間の流れを早く感じます。

そんな梅雨明けのはばたき公園ですが、春の渡りの季節が終わった今でも様々な鳥が利用しています。

6月下旬のはばたき公園、フロートの上でカモの親子が休憩していました。その奥にはバン(黒い体色と赤い額板が特徴)も見られます。こちらもフロートの上で休みたいのか、カモがいなくなるのを待っているようにも見えますね。また、手前にはダイサギが池の中をのぞいています。エサとなるカエルを探しているのかも。。。
 

フロート上で休憩するカモ、バン(写真奥)、ダイサギ(写真手前) フロート上で休憩するカモ、バン(写真奥)、ダイサギ(写真手前)

また同じ日には、カワセミも確認されました。どうやらエサとなるオタマジャクシを採りに来ているみたいです。カワセミを見るのは初めてでしたが、青色の羽が鮮やかでとても綺麗でした!

杭に留まっているカワセミ 杭に留まっているカワセミ

冬とはまた違ったにぎわいの様子を見せてくれる、梅雨明けのはばたき公園の湿地。湿地の中にも、水草が芽吹き、アメンボ、コガタノゲンゴロウ、トンボなど昆虫たちの動きも活発になっていました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
現在、アイランドシティはばたき公園は整備中のため、人が立ち入ることはできません。ご注意ください。
 

一覧へ戻る

ページトップ